今回、新築住宅を購入したのは、子供たちにエコへの意識づけをしっかりとさせたいと思ったからです。それまでも「エコ」や「省エネ」などの言葉を度々のように使っていましたが、なんとなく口先だけという印象が否めないことも事実です。エコや省エネへの取り組み自体は、世界中でも叫ばれていることはいうまでもありません。次の世代の中心的役割を果たすことになる子供たちには、人一倍頑張って欲しいという期待があります。
ネットでも評判のよい建設会社が施工会社であったことも、私に安心感を与えてくれました。なんといっても購入の決め手となったのが、太陽光発電を利用するシステムです。他の建設会社やハウスメーカーなども、太陽光の利用には力を入れていますが、ここまで具体的なシステムは他に類を見ないといえるでしょう。我が家では、毎日の太陽光による蓄電量が一目でわかるため、子供たちも関心を寄せてくれます。そういう意味では、家族の絆が強まったといえます。