注文住宅を建てた際の後悔ポイント

注文住宅でマイホームを建てましたが、1つ後悔しているポイントがあります。それは、住宅の間取りに関してです。リビングの広さにこだわりを持っていたのですが、間取りの関係上、当初予定していた畳数よりも少し少なくしてしまいました。2畳ほどの畳数を減らしたのですが、これくらいならと思い図面上で妥協してしまいました。実際に建物が出来て家具を搬入していくと、自分がイメージしていたよりもリビングが手狭となってしまいました。ダイニングテーブルやソファー、大型テレビといった家具類をリビングに配置すると、考えていた空間よりもずっと狭く感じてしまいました。図面上で妥協してしまったリビングの広さですが、当初の予定通り間取りを変更してでもリビングの広さを希望通りにしておけば良かったと後悔しています。実際の部屋の空間は、モデルハウスなどを見学して目で見て体感した方が良いと感じました。広さを体感するなら展示場などの部屋を見学して、イメージを掴んで家づくりをすると良いです。

注文住宅
靴箱を大きめに作りたいので注文住宅

靴は大好きなので、かなりの数を保管しています。なので靴箱は大きめに作りたいなぁと思っていたので、一戸 …

注文住宅
注文住宅は玄関を広くしました

注文住宅で玄関を広めに造ったことで、広々とした住まいになったと実感しています。玄関には様々な子供の部 …

注文住宅
耐震性能にこだわった注文住宅を設計

賃貸住宅で生活をしていましたが、2人目の子供が生まれたので、本格的にマイホームを検討するようになりま …