二世帯住宅で重視した部分はお風呂場です。木の香りがするお風呂は、普段の疲れをしっかり取り除くことができ、そして最高に気持ちよく過ごせます。温泉に入っているような感覚で過ごすことができるので、お風呂場は木の香がしてリラックスできるよう、いくつかプランを立ててもらい、比較してみました。檜の香りがするお風呂は、やはり高級感があって木の香はリラックス効果があり、神経が落ち着くのを実感できるので、こうしたこだわりある住まいは大切だなぁと実感しています。お風呂は1日の疲れを取るには最適な場所なので、お風呂に関しては重視したのは最適だと感じています。こうしたこだわりを重視したことで、二世帯住宅の住み心地がよいので満足できるようになりました。両親も家でゆっくりと檜のお風呂に入れるのは最高だと言ってますし、高齢者になると外出も厳しくなるので、室内環境を充実させることで家の大切さがわかり、こうしたプランは大事だなぁと感じるようになりました。